ガソリン節約秘密情報編

節約blogランキングでは節約情報満載!

念の第一節約情報は”ガソリン”についてです。


アメリカでよく言われる”ガス”とは、日本にある”東京ガス””大阪ガス”の天然ガスのことではありません。。。アメリカでは”ガソリン”を指します。



DSCF4075.JPG
# レギュラーガソリン1.99ドルはホント久しぶり。ガソリン節約!


アメリカで天然ガスのことは”Natural Gas"と言うことが多いようです。

アメリカのほとんどの都市では電車より車で移動することが多いので、ガソリン節約は役に立ちます。


こんなガソリン節約レシピはどうでしょうか?

デンバー市内で昨日、写真のようにレギュラーガソリンが2ドル以下になったシェルがありました。ガソリンの価格が2ドルを切るのはもう2年ぶり以上です。まだ、他のガソリンスタンドとガソリン価格比較をしてみると、すぐそばのガソリンスタンドはレギュラーガソリンは2.13ドルでした。

ガソリンはいつも使うので、できるだけ節約したいですね。

ではガソリンを節約する秘密とは何でしょうか?

今からすぐできることといえば:

1.車の急発進・急停車をしない。
2.車のエンジン回転を2500RPMくらいを限度として抑える。
3.停車中、発進するとき、またマニュアルシフトの車など、ギアチェンジの時に空ぶかしを入れない。


など思いつきます。
これらのガソリン節約情報は車の燃費を向上すると知られています。

他のガソリン節約情報には:


4.ガソリンは週末に入れない。火曜日か水曜日が一番安い傾向にある。
5.ガソリンは蒸発しやすいため、気温が低いときに入れるのが一番量が入る。
6.高速道路出口近くのガソリンスタンドは価格が高めなので、できるだけ避ける。高速道路出口近くのガソリンスタンドとその他のガソリンスタンドでは、価格的に1ガロンあたり10セントくらいまで違うときがあります。


僕は去年の今頃、セブンイレブンのフランチャイズオーナーでした。そして、セブンイレブンの経営学を6週間学びました。アメリカのセブンイレブンではほとんどのところに、ガソリンスタンドが一緒にあります。そのため、ガソリンの価格については多少厳しく見ています。(笑)

僕が経営していたセブンイレブンは高速道路出口のそばで、そのほかに2つガソリンスタンドがありました。もう泣きたくなるほど、競争率激高でした。 がく〜(落胆した顔)

ホントにガソリンの価格が1セント違うだけで、セブンイレブンの一日の売り上げがかなり変わるんです。

このことから分かるように、消費者はいつも必要な結構ガソリンの価格にとても敏感ですね。

ガソリン節約秘密情報、早速、徹底実行してみてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。